南米現地で仕事や住まいを自力で見つける方法


スポンサーリンク

こんにちは。

りん(南米大好きガール@RIN)です!

今回は南米に今すぐにでも住みたい!!

南米で暮らしてみたい!

という方にぜひ読んでもらいたい記事です。


南米で暮らす日本人の方の多くは

大学や専門学校でスペイン語専攻していて学校を通して留学する

務めている日本の会社から転勤

結婚相手が南米人

という場合が多いのではないのかな?と思います。


しかし

大学にもいかず就職もせず南米彼氏もいなかった私のように

南米大好き!だけどサポートしてくれる人がいなくて

気持ちだけがうずうずしてしまって

具体的にどうすればよいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか!?


今回は南米現地で仕事や住まいを自力で見つける方法をご紹介したいと思います。




*目次*
1.ビザ
2.仕事の見つけ方
3.住まいの探し方



1.ビザ

語学学校に行こうと思っている方は学生ビザを取る必要があります。


私はスペイン語力0だったためしっかり学びたいと思い6ヶ月分のクラスを申し込んだため学生ビザを日本にいる間に取りました。

学生ビザを個人で取ろうと思う人が少ないためか

ネットにもほぼ情報がなくコロンビアの大使館に連絡しても

サイトに載っている情報を繰り返えされるだけで所得するまでに少し苦労をしましたが、

もし私と同じようにエージェントにお金を出したくない、個人で申し込みしたい。という方がいましたら私で良ければ質問してくださいね!


ただ、3カ月以内ならばビザが無くても観光者として入国
することができます。

むしろ、ヨーロッパから来た人たちは2週間~2か月とかだけクラスを取って後は観光に回す人が多かったです。勉強もホリデーの延長線というところでしょうか?


スペイン語がもうすでにできて学校に行く必要がない方は
ビザを申し込まなくてもで入国できます。

多分、日本ではあまり一般的ではないと思いますが、

南米では沢山の外国人がビザなしで入国し

仕事を見つけ、その仕事先に
スポンサーになってもらいビザをもらう場合が多いのです。

例えばチリの場合

観光として入国
入国する時は働くことは言ってはダメです!!!


3カ月の間に仕事を見つける


Prueba(テスト期間)

仕事先によりますが1日だったり2週間だったりします。

この期間はお試し期間で本採用するかしないかを決める期間で
給料も少し安いことが多いです。



仕事先とContracto(契約)を結ぶ

一般的には、初めは1カ月~数カ月の期間限定で
その後、コントラクトを更新してもらって1年ごとやDefinitiva(永続的)に契約することができます。

契約の間は保険にも入らせてくれるそうです。


Permiso de trabajo(仕事許可書)を移民局に申し込む

チリの場合1カ月ごと申請料を払って更新する必要があります。


ワーキングビザ申請


 permiso de trabajo からビザの申請までは私もあまり詳しくは分かりませんが
大体このような流れだそうです。

※学生ビザの場合は働くのは禁止されているそうです。運が悪ければ強制送還なんてこともあるそうなのでお気を付けください!

2.仕事の見つけ方


私の周りの大抵の人たちは
Curriculum(履歴書)を大量にプリントして

あらゆるお店やレストランに渡し歩いています。


私もチリに来た当初にGETしたアクセサリー屋さんの仕事は

履歴書を渡し歩いていてもらった仕事でした。


と言っても、探している途中で出会ったあるお店の店長さんが

とても親切な人で、

そのおばちゃんが近所の知り合いの店長さんに私を推薦してくれたのがきっかけでした。


南米で仕事を見つけるためには

「紹介」は強い武器になります。


なぜかというと仕事において信頼は欠かせないものですが、

南米では信頼できる人が日本より少ないのが事実です。


実際私もコロンビアでもチリでも知り合いの紹介で仕事が得ることができました。


その他の方法としては
インターネットかと思います。

Facebookのグループだったり

チリならYapoというサイトで募集していることがあります。


また、運が良ければ日系企業の募集もかかっていることがあります。


落とし穴!?


やはり一流の就職先に就職するのは語学以上にスキルが要求されるのに対して

現地でバイトを見つけることは職を選ばなければ以外と難しいことではありません。

日常会話がスペイン語でできて、
更に英語ができれば観光地ならばむしろ重宝されます

しかし!!!

現地のバイトはものすごく給料が安いのです…。

南米は物価が安く観光として行くならば
何でも安く感じてお金持ちになった気さえします。笑

ただ、実際に現地で働くと分かりますが給料に対して物価は高く感じるのが真実です。

例えば
コロンビアでウェイトレスとして働いていた時は
6pm から 12am の6時間働いて 22,000ペソ(≒800円)

+Propina(チップ)が 0 ~ 20,000ペソ


このようにチップと合わせてもMAXで一日に1500円ほどしかもらえていませんでした。

私が働いていたレストランは小さくてお客も満員になることは滅多になかったというのと、

店長がケチでチップをちゃんと支払ってくれなかったためこの程度しかもらえませんでした。笑

チリではまだ給料はよく

月給です。最低でも280,000ペソ(≒4万8000円)もらえます。

アクセサリー屋さんで働いていた時は

月~金は10am ~ 8pmまで。土曜は10am ~ 4pm
のシフトで月300.000ペソ(≒5万1000円)ほどもらっていました。

現在はベビーシッターとお家のクリーニングの掛け持ちで
月420.000ペソ(≒7万2000円)もらっています。


職や国によりますが、国ごとに見てみるとやはり南米のお給料は低いので

日本である程度お金を貯めて現地でのバイトは経験だと割り切る必要があります。


あえて言うのであれば、ウェイトレスの仕事をお勧めします。

南米はチップ制度があるのでチップで稼げる可能性があります。
観光地であればなおさらです!!



3.住まいを探す


一番良いのは、
アパートを借りることです。

ですが値段も上がりますし

沢山のドキュメントを提出しなくてはならないことが多いです。


後は、シェアハウスという手段もあります。
友達とシェアできれば一番良いですがネットでも探すことができます。

ですが、シェアする相手は本当に信頼できるかどうか分からないと
難しいと思います💦


南米は格差社会です。

地域によって治安がとても変わるので、
その辺はしっかり調査した方が良いと思います。

また地域によって値段も大分変わります

限られた情報ですが…
私の住んだ2つの街の治安のよい地域をあげておきます。

カルタヘナ(コロンビア)

*La guito ラギート
*Bocagrande ボカグランデ
*Manga マンガ
*Centro セントロ
*Getzemani ヘッゼマニ

ちなみに私が最初に住んでいた所がラギートとという地域。
カルタヘナの中でも一番安全な地域で夜にランニングにも行ける位安全でした。

部屋から見えた景色


次に引っ越した地域Canapote(カナポーテ)。

ラギートで1部屋に払っていた値段で
3部屋付きアパートが借りれてしまいます。

しかしその分治安も悪く道路も整備されていません。

そして見てもらいたいのがこの差です。

雨が降った時

屋上から見える景色


なぜかロバが通っていることもあるほど発展していない…。

私はタクシーかコレクティーボに乗る時しか
外に一人で出ることはしなかったです。

サンティアゴ(チリ)

*Las Condes ラス コンデス
*Providencia プロビデンシア
*Ñuñoa ニュニョア
*Centro シティー

東の上の方が治安が良いと思います。

サンティアゴはコロンビアより全体的に治安は比較的良いです。

ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

以上、
南米で住むための情報でした!!

やはり良い暮らしをしたい方は
お金を貯めてくるか
ちゃんとした企業に就職する

ことをお勧めします。


*現地で働く利点*

現地でバイトすることは経済的には辛い面もありますが、

実際に現地の人と同じような環境で現地の人と働くことは

とっても良い経験となりますし、
スペイン語力もグンと上がるのは確かです。




また現地のバイトで仕事をすることで”外国人”という気持ちが無くなり

観光では見えない本当の南米を見ることができると私は思っています。

実際私の周りにはベネズエラ人、コロンビア人、ハイチ人と
移民してきた人たちに囲まれて過ごしています。

実際に現地のバイト先で働き、観光地ではない所で住むことで

日本人としてではなく同じ仲間として私を見てくれるようになりました。



それは語学力アップとかだけではなく

人として成長させてくれる機会となりました。


南米に住んでみたい方。

本当に必要なのはビザや仕事ではなく、

知らない世界に飛び込める勇気だと思います。


行く前は何かと不安だとは思いますが
行ってしまえば意外とこんなものか!と大丈夫なものです。

人はその環境に対応できるので!
一緒に頑張りましょう!!