超インフレの国ベネズエラ!移民として生きるということ。


こんにちは。
りん(南米大好きガール@RIN)です。

今回はペルーに住む
Japotina(@UnaJapotina)さん

という方のブログ記事に感化され

海外に移民しているベネズエラ人の実態

について書こうと思います。



Japotinaさんの記事



今回書くことは実際に私が

この1年半ベネズエラ人の彼と過ごしてきて
体験したことです。



*目次*
ベネズエラの厳しい現状
移民として生きるベネズエラ人
-辿り着くまで
-住む場所
-仕事
-給料
なぜ移民として生きるのか
私たちにできること


ベネズエラの厳しい現状



現在、ベネズエラは超インフレ

現金も食べ物も不足していて

最近では現金に価値がなくなりすぎて

0を5つ取り除いたそう。

ちなみに
どれくらいインフレなのか分かる画像がこちら。



このツイートは0が取られる前なので

今はどうなのかは分かりませんが

お札にほぼ価値がないことが
分かると思います。


とにかくお金のない庶民には

食べ物も生活に必要な物も回ってこないそうで

買い物ができる曜日も人によって

それぞれ決められていると聞きました。


⇊また次のツイートのように

私立の学校に通っていた学生たちは

学費が払えなくなり学校にも
通えていない子供たちもいるそうです。

学校に通えてもユニフォームや靴

または勉強道具が買えずにいる家庭も多いのです。


去年、ベネズエラに行った時点で

彼の甥っ子が学校用の靴を欲しがっていたのですが

その値段は両親の1カ月分の給料でした…。


貧困のため窃盗も増えました。

友人の話では

最初は携帯や貴重品だったそうですが

あまりにもひどいので
バッグは使わなくなったそうです。

そのため携帯は携帯することなく家に置き
(もはや携帯としての機能ではない!?)

カギはネックレスや

リストバンドにつけて常備し、

財布も使わず必要最低限のお金を
隠し持っていたそうです。

盗むものがなくなった泥棒は
食べ物までにも手を出したそうです。

飢えは今まで悪さをしなかった人も
窃盗に手を出させ

スーツを着たような普通の人でも
ゴミをあさるようになったそうです。

移民として生きるベネズエラ人


そんな最悪な状況から逃げ出すために

多くのベネズエラ人達は海外に出ることを決めました。

ですが、愛する国、家族、友達との別れは
本当に辛く悲しいもの。

今まで家や車、専門職があった人々が

全く0の状態から始めなくてはいけません。

自国を出ることも本当に大変なことなのです。

辿り着くまで



まず月給ほぼ1~2ドルで働いていた

ベネズエラ人にとって外国に辿り着くまでの

お金を貯金することは本当に難しいことです。


私の彼のお姉さんがコロンビアに来る際も

辿り着くまでのバス代を
送らなければなりませんでした。

大抵はすでに海外にいる家族の誰かが
仕送りすることが多いです。


しかし今一番の問題は

ベネズエラ人が他国に入国するために

パスポートが必要になったことです。



ほんの数か月前まではIDカードで
南米中を出入りすることができました。

そしてそのパスポートを得るには

莫大なお金と時間がかかるため
取得することは一般人にとって

とても難しいのです。

その為、

違法ルートを何カ月も歩いて入国する人

境界線までたどり着いても

入ることも帰ることもできず

周辺で寝泊まりする人が増えました。

その中には赤ちゃんもいるそうです。

住む場所



また、入国できても

それからの生活も決して楽ではありません。

入国してもお金もなく、

行く当てもなく
外で寝なくてはならない人も多くいます。

現に私の彼も初めてコロンビアに来たときは

1週間は外で寝てご飯も

1日一回スナックのようなエンパナーダを食べ

後は水でしのいでいたそうです。

《⇊実際に住んだ家》

ちなみにコロンビアにいた当初は

彼の甥っ子、下にマットを弾いて彼と私が寝て


隣の部屋で彼の妹と友人が寝ていました。


ちなみにトイレにはドアは無く
カーテンで隠していました。

プライバシーが全くない!!

また、洗濯機もないところも多く

手で洗ったり必要な時だけ
洗濯機のレンタルをしたりしていたことも。

私も人生で初めて
手で洗濯物を洗っていましたが

それが本当に大変なんです!
半日は潰れていました…笑


また、移民はビザや移住権がないため

住めるところが限られたり、

その国のルールをよく知らない人が多いです。


そのため小さな箱の様な部屋なのに

相場以上の家賃に設定されていたり

一部屋に多くの人を入居させたりと

「移民」という弱い立場を利用しようとする人たちもいました。


私たちが住んでいたチリの家では

本来の家の庭の部分に
借り住宅の様な個室を作り

全部で13部屋30人近い人が共同で住んでいました。

また日に日にルール―も増え

最後にはお湯沸かし器もヒーターも電子レンジも

全て使うことができなくなりました…笑

仕事



働くためのビザが無い人がほとんど

ベネズエラ人には仕事を見つけるのも
とても大変なことです。

チリでは特に移民に対して厳しくなったため

働く許可書が下りないと
仕事をすることはできなくなりました。

しかもその許可(permiso de trabajo)を

もらうためには
働く先から契約書をもらわなくては

いけないため仕事先がなければ

その許可書は申請できないという悪循環。


道で食べ物やお菓子を売る人も多いですが
最近は本当に厳しくなり

そういった人から物を買ったり
募金をすることさえも禁止になりました。

道で売る人々は

毎回警察官が来ると逃げながら売っていました。


↑警察官が近くに通ると先に見た人が合図をして

伝言されてこのようにみんな一瞬で片付けてます!!

給料



給料は南米全体的に低く労働時間は長いです。

例えば私もペルーでは

朝6時から夜の11時まで週6で

ベビーシッターをやって

1週間で200ソル(約6700円)しかもらえなかったです。


経済的に発展しているチリのアクセサリー屋さんでも

朝10時から夜の8時まで週6日働いて

1カ月300,000ペソ(約5万円)でした。

(そのうちの半分は家賃で消えます。)


ちなみにコロンビアのレストランでは

夜6時から夜中の12時まで働いて

日給が22,000ペソ(約800円)
+チップが大体10,000ペソ(約370円)ですが

全くない日もありました。


私の仕事は
固定収入があるのでまだよい方ですが

沢山のベネズエラ人達は職が見つからず
食べ物やお菓子を売り歩いています。



⇊私の彼の出稼ぎにきたお姉さんも

ベネズエラの伝統料理Hayaca(アジャカ)
を作って売り歩いていました。



生地はトウモロコシの粉に様々なエッセンスを混ぜるのですが

豚肉から丁寧にとった油も入っています。

中身には牛肉、豚肉、鶏肉、レーズン、
玉ねぎ、パプリカ、オリーブ等をじっくり煮込みます。




これほど手間と時間をかけて作っても

7000ペソ(約260円)がマックスの値段設定でした。



また歩合制の仕事も多く

レストランでもチップのみで支払われたり

観光地ではツアーを道端で売るという仕事も

本当に沢山のベネズエラ人達がやっていました。


また人が増える分

競争率も上がり最低金額ぎりぎりまで

下げて売らないと売れないという状態でした。


売れない時は収入が0になってしまう時もありました。

収入がない時は
帰る賃金さえないこともあります。

なぜ移民として生きるのか?

では、なぜそこまでして

愛する国を捨てて海外で移民として生きるのでしょうか?

自分の国には愛する家族や恋人もいることでしょう。

家だってあるはずです。

迎えに行くと約束するからね。独りぼっちにおじいちゃんを置いて行ったりしないから。 


ですが

それでも家族のために頑張ると
皆腹をくくって来るのです。




私の周りのベネズエラ人達も

幼い息子や娘と奥さんを置いて
何とか家族を守るために一人で来る人、

彼らを呼ぶために
お家や仕事を必死に探していました


大学も中退せざるを得ない学生も多くいます。


しかし、
愛する人と離れることは想像以上に辛く

ベネズエラは昔、世界でもお金持ちの国として
知られていたこともあり

多くのベネズエラ人は
他国での生活に慣れていない人ばかりです。

その中で家も仕事も家族も友達もいない

全く0の状態から始めるのは
本当に孤独との戦いだそうです。

実際に何日もかけて他国に辿り着いても

ホームシックで自国には何もないと知りながら
帰る人も何人か見てきました。

しかし

そんな辛さを人前では見せないのが
ベネズエラ人なのです。




いつも明るく

そんな悲しさを1mmも見せず
ポジティブに生きています。

血のつながった家族とは離れているかもしれませんが

他国で出会うベネズエラ人達は
すぐ仲良くなり助け合って生きています。

私の住んでいた家の
ご近所さんのベネズエラ人達も

何かが足りない時は貸し合ったり

情報を共有したり。

そしてどんなに辛い状態でも

音楽とお酒が欠かせないのも
ベネズエラ人達!笑

週末になると音楽を流しては

勝手に人が集まりおしゃべりしたり

踊っていたりしていました。

私たちにできること


ざっくりですがこんなことを言っています。
私たちは戻らない。自国で死ぬより国境線で死んだほうがましよ。だって少なくともここでは物が手に入る。本当に仕事が欲しいの。私たちの家族を連れだすために。もしできるのなら私達みんながバスに乗って行ける交通費の手助けとなる署名をしてほしい。もうこれ以上ここにはいられない。お金がかかっているから。今日にも解決策が必要なの。私たちを国境線に住まわせておくの?それはできないわよ。帰らせるの?どこに?あそこで死ぬために?ありえないわ。大統領、心に手を置いてみて。あなたは毎晩快適に寝ているでしょう。でもここにいる私たちは寒さや飢え、苦しい生活をしているの。

もちろん私には帰れる場所があるので

100%彼らを理解することは不可能です。


しかしこれまで私は彼らと一緒に過ごして来て

「可哀そう」
という同情の意見を聞いてきました。


ですが私はそれは何か違うと思っています。

確かに彼らの状況は
本当に最悪で大変だと思うし

家族と離れることも辛いことだと思います。


しかし彼ら自身、

その辛さを乗り越え
前に進むために他国に出ています



その前向きな行動に
可哀そうというだけで

終わらしてほしくないと思っています。

彼らが一番必要なのは

もっと前に進むための後押しだと思っています。


その為には仕事が必要です。


どんな仕事でも自分がお金を稼いでいる
という事実は自信につながるはずです。

私の彼もビザのせいで2か月くらい

仕事をすることができなくなり、

その時は本当に落ち込んでいました。


彼との移民生活は
金銭的にも正直大変なこともありました。

しかし
沢山の人に助けてもらったのも事実です。

中には布団や電子レンジを譲ってくれたり
食事に誘ってくれたり。

仕事や住む場所を探してくれたり。

その気にかけてくれている優しさに感動しました。



ただ、今の私には彼らに仕事を
与えてあげるほどの力はないので

綺麗ごとだけど

少しでも彼らに元気を与えられたらな。
と思っています。

1人ではない。
ということを伝えてあげたいです。

可哀そう。ではなく頑張っている

カッコいいベネズエラ人達にエールを

与えられたらいいなと思っています!

近くにベネズエラ人がいないと
直接的な援助は難しいと思います。

金銭的に援助することも
沢山の移民がいる中全員を助けることも難しい。

無力な私には何もできないけれど

何かできるとしたら私が持っている情報を

共有することなのかな?と思い今回書きました。

ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私が出会ったベネズエラ人の方々は

本当にみんな優しくて明るい人ばかりで皆大好きです。

ですがそんな彼らも
家に帰って写真やビデオを見て

こっそりと流す涙も私は見てきました。

それでも周りにはその悲しみを見せず

前に進もうとする彼らを私は本当に尊敬します。







これを読んでベネズエラのことを
想ってくれる人、

助けたいと思ってくれる人がいて

少しでもベネズエラ人達を思う

心のリレーが繋がっていきますように。