2017年3月18日土曜日

# コロンビア # 南米国紹介

コロンビアの大学ライフって??

コロンビアの大学ってどんなところ??

今回はコロンビアに来たばかりの時に
お友達の大学見学に行ってきたことについて。

私は大学行かなかったので大学に入るだけでも初めての経験!

日本の大学も知らないのでうまく比較できませんが、

コロンビアの大学の授業、学食など紹介します!!





私の友達は毎朝6時に起きて1時間かけて

なんとバスを2回乗り継いで

大学に行っているそうです。

カルタヘナには普通の公共バスと

新しくできたバスがあり、
トランスカリーベと呼びます。

(これも公共ですが道路がそれ専用に整備されたところしか走りません)

普通のバスは小さくて色んな人がギュウギュウになって
ドアも開けっぱなしで走っていますが、

この新しいバスはチケットもパスモみたいに

タッチ式で冷房がついて

さらに

専用道路を走るので渋滞の心配がありません!!!

ただ限られた地域しか行かないのが難点です。


その日の彼女のクラスは朝の8時から4時まででした。


一限が数学、二限がアートの歴史について。


授業がない時間はお友達とおしゃべりするか次の授業の準備をしていました。


私もお友達の友達に会ったのですが、なんせ若い😅😅😅
友達は19歳でその友達は17歳。

なんと
14歳で大学で勉強してる子が2人もいるらしいです…😱😱

すれ違ったけれどまだ子供じゃん!!!って感じでした。驚き!

日本にもスキップ制度はあるのでしょうか??

あまり聞いたことありませんよね…!

大学にはたくさんの木があって、
学生たちが休憩できるようにたくさんベンチがありました。


それぞれおしゃべりしたり、勉強したり音楽流していたりしていいました。


やはり、なかなかアジア人は珍しいのか
みんなたくさん話しかけてくれてすぐお友達になれることができました!!

コロンビアの良いところは初対面でも少し話せばすぐ打ち解けられること💓

みんなすごく親切でフレンドリーでした。

朝ごはんは大学内のカフェでパイみたいなパンとミロを頼みました。


このパンにはチーズ、ハム、チキンが入ってて美味しかったです。

ミロは特に濃厚でフラペチーノみたいで絶品でした!

6000pesos でパンとミロだったので合計300円しないくらい!
やっぱり校内は安いですね!

その後お友達が主属しているバントの練習様子を見学。



さすがラテンの国。

全然オーガナイズされてない!!!
2時間やって合わせたのは一回だけ。

後はみんな喋ってばっかりで全然進まない😱笑

何人もの生徒は何もしないで1時間後去って行きました笑笑

私は少しイライラしちゃうけど
彼らにとっては普通のことみたい。なにも思ってないみたいでした!笑

カルタヘナは海に近い場じゃなので
割とみんなゆっくりしている人が多いです。

日本でも沖縄は暑さのせいか時間がゆっくりと流れますよね。

やっぱり気候は人の性格にも反映するのかもしれません。

Cogela suave (コハラ スワベ)

というのが口癖で。
take it easy.リラックスして。と東京育ちの私は良く注意されます。笑

バント練習のあとはお昼!

ジャイアントピザを食べました🍕


ピザはその場で作っていてたくさんの学生が買いに来ていました。

4000pesos=200円しないくらいです

でもこの暑い外で作って焼いていたので作る人は絶対大変そうでした!!!!

この上に乗っているのは
ポテトチップスを刻んだみたいなもので

最後にガーリックマヨをかけるという
なんともTHEジャンクフードなお昼ごはんでした。笑

一応他にも食べ物を買える売店はありましたが
日本の様なレベルの高い学食の様なものはありませんでした。


最後のクラスはモラルやマナーについての授業だったのですが、

どうやら生徒は学部を変えて
2回目の大学の人なども多くいるようで

経済学出身の学生と政治学出身の学生が熱くディベートしていました…

まあ、当時スペイン語わからなかった私には子守唄にしか聞こえなくて
久しぶりにコックリコックリと寝てしまいました💦


大学も、クラスもすごくスペースがあって
伸び伸びみんな学んでるんだろうなというのが感想でした!


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールで スペイン語と暮らす!南米大好きガールのココだけ体験記 を購読する

0 件のコメント:

コメントを投稿